都市型のマイホーム

間取り

施工件数が多いプラン

30坪未満の狭小地にマイホームを新築する動きが活発になっており、とりわけ受注件数が増えているのは、3階建て以上の注文住宅です。大都市中心部では土地の坪当たりの価格が300万円を超えるケースも多く、スペースの有効活用が可能な建築プランが大人気です。狭小地に加えて間口5メートル前後の細長い敷地にも対応しているのが、大手ハウスメーカーの強みであり、施主のニーズに合ったプランを提案してくれるでしょう。親子4人の世帯が注文住宅を発注するケースも多いですが、最近では両親の自宅の建て替えに伴って、二世帯が暮らせるプランを選ぶのがトレンドです。二世帯住宅であれば敷地を有効に利用することも可能であり、価格が3000万円前後のお得なプランも選べるでしょう。また二世帯が暮らせる注文住宅を建てる場合には、施工業者に訪問見積もりを依頼して、建築内容や価格について相談するべきです。特に住宅ローンの借入比率が高くなるときには、変動金利や固定金利などのタイプ別に、返済のシミュレーションを行うのが理想的です。古くなった自宅の建て替えで注文住宅の施工を依頼する人がいる一方で、都市部で土地を買って独自設計の家を新築する動きも活発です。変形地をお得な価格で購入した施主が、注文住宅の建築を発注する事例も多く、特に地元の工務店の提案するプランが評判です。地域の事情を的確に把握しているのが工務店の特徴であり、改造や修理がしやすい在来工法の木造住宅に強いのが人気の秘密です。